2021年 北海道遠征(企画中)


昨年に引き続き北海道でのトレーニングを企画します。
阿寒、糠平でのレース参加も合わせて引率します。糠平のレースに関しては 他チームと引率が合同になるかもしれません。
降雪次第ですが、阿寒スキー場では昨年もFISレース参加者優先のトレーニングバーンとなっており、ユース組にはあまりお勧めできません。
ファルコン本拠地の志賀高原も12月初旬からの滑走は可能ですので、昨年同様に、年内のFISレースに参加しない選手は軽井沢、志賀高原でシーズン最初の滑り込みを行うことをお勧めします。

北海道へ向かう選手は、事前に軽井沢での滑り込みをお勧めします。

軽井沢日程 ※詳細はこちらをご確認ください。
第1回:2021年11月6日(土)、7日(日)
第2回:2021年11月13日(土)、14日(日)
第3回:2021年11月20日(土)、21日(日)
第4回:2021年11月23日(火祝)~26日(金) ※平日早朝ポールトレーニング
第5回:2021年11月27日(土)、28日(日)

●日程(仮)

11月30日(予定)に新日本海フェリーにて立花は北海道へ向かいます。翌朝12月1日に北海道上陸。

その後のスケジュール案
(案)12月2日~12月8日(糠平温泉スキー場にて基本的なゲートとフリー)
糠平が不可能な場合は昨年同様、富良野に向かいます。
12月9日 移動日
12月10日~16日(阿寒湖畔スキー場においてゲートトレーニング)
わずか1週間でレースなので、できるだけ軽井沢の早朝ポールトレーニングに参加してください。
12月17日(FIS)、18日、19日(NJR) レース開催(この期間阿寒でのトレーニングはできません)
阿寒レース終了後は糠平のレースに向かう選手や全日本に向けトレーニングを行う選手などスケジュールは流動的になります。
12月22日(FIS)、23日、24日(NJR) 糠平レース開催
12月27日~29日 阿寒全日本選手権
12月30日フェリーにて本州へ 12月31日本州上陸です。
※糠平のレースに関しては、他チームと合同で動くことが予想されます。コーチ間でしっかり話し合いますのでご心配なく。


11月30日 12月1日 12月2日 12月3日 12月4日 12月5日
フェリー 移動日 糠平もしくは富良野
12月6日 12月7日 12月8日 12月9日 12月10日 12月11日 12月12日
糠平もしくは富良野 移動日 阿寒にてトレーニング
12月13日 12月14日 12月15日 12月16日 12月17日 12月18日 12月19日
阿寒にてトレーニング 阿寒FIS 阿寒NJR 阿寒NJR
12月20日 12月21日 12月22日 12月23日 12月24日 12月25日 12月26日
糠平FIS 糠平NJR 糠平NJR
12月27日 12月28日 12月29日 12月30日 12月31日
全日本選手権 フェリー 本州上陸
●引率コーチ

立花稔久

   
●参加経費 

昨年同様に、コーチ交通費、宿泊費、リフト代金、フェリー代などは参加者全員で頭割りにてご負担いただきます。
高速代金、ガソリン代金は(立花車に同乗した選手にてお支払いいただきます)その他のガソリン代等は全員でご負担いただきます。
その他経費(講習料)も昨年同様、一日2500円の予定です。

   
●お申し込み・お問い合わせ

立花まで、ラインもしくは、ttt888@docomo.ne.jpまでご連絡をください。
※車の定員もございますので、早めのご連絡をお願いいたします。


ページのトップへ戻る